大阪 心斎橋 難波の英会話スクール
マークアンドブラザース

大阪 心斎橋 難波の英会話スクール マークアンドブラザース【Marc & Brothers International】

英語習得のコツ

最近海外旅行の為に、仕事で、趣味でと言うように多種多様な目的で英会話を少しでも習得したいという方が急増しているように思うのです。一体どうやったら英語をより簡単に、より効率的に、しかもより早く習得する事が出来るのかと言う質問も多く聞きます。

基本的な部分をよく考えると答えはそんなに難しい物ではないと思うのですが・・・しかしながらあるちょっとしたコツやきっかけは必要なのかもしれません。

 

当たり前に思われる事なのですが、どのテキストに於いても十分に理解する事が大切です。勿論理解できるだけの基礎知識は必要とされますが。1つでも多くの単語や熟語を覚える事、毎日継続された学習や努力は欠かす事は出来ません。

テレビやラジオの英会話講座を毎日毎週欠かさず独自で勉強されている人も居られます。それも大切な事だし、勉強の方法としては正しい選択だと言えるでしょう。

しかしこのような基本的な部分での当たり前な学習とは別の視点で英語を見つめるとして、英語をもっと簡単で身近に早く習得できる方法が有るのではないかと考えます。

色々な生徒の方を見ていると「ある部分」に気付きます。本当に些細な事で英語その物とは余り直接的には関係はないと思われるでしょうが、この部分が大きく作用しているように思うのです・・・その要素とは

  1. 声が大きくよく笑う人
  2. 誰かと集まってお喋りするのが好きな人
  3. 照れずに物事をはっきりと言える人
  4. 間違っている英語で喋っても余り気にしない人
  5. 自分なりの英語の雰囲気を出して喋れる人

大きく考えてこの5つの事柄が大切ではと考えるのですが、英語にかける意欲よりもこれら上記で述べた要素を何も特別意識しなくても人前やクラスで出せている人の方がより早く上達しているように思えるのです。

貴女や貴女の周りにこのような要素を兼ね備えている人が居たら、その人は一旦英語の勉強を始めると上達が驚くほど早いかも知れません。

 

英語を学習する際にあたって、英語は習うよりも慣れろと言うような事がよく聞かれると思います。しかしながら時間的な事やその時間の割り振りを考えると慣れるよりもその構造を習った方が上達は早いのかも知れません。

英会話もある程度の文法や構造を必要とします。その昔、学校や受験等で習得した英語の知識はそのまま生かす事は出来ますし、綺麗な英語を話そうとするならば尚更です。出来れば子の様な会話に必要な文法や構文を大きな範囲で正確に勉強される方が良いのではないでしょうか。

中学や高校レベルで習う簡単な文法や構文は出来れば積極的に会話の中に取り入れて行かれるのが良いでしょう。慣れると言うのはその後でも十分な作業なのではないかと思われます。

 

一般に市販されているテキストも使い方や、レベルに合った物をしっかりと選べていれば一層の上達を期待できます。

それに併せて今現在の英語圏で生きて使われている英語、構文や単語を色々な分野から満遍なく学習する上で、英字新聞や輸入雑誌や映画は良いテキストになるのではないかと思います。

新聞や雑誌なら一冊購入すればひと月程度は勉強できるほど盛り沢山な情報に満ち溢れています。しかし無駄になっても色々な分野の物を月に何度か買って新しい物と取り替える事をお勧めします。

先ずはヘッドラインや見出しの語句、文字の大きな順番にわからない単語を引いてみる。辞書で調べたら次はその単語から成る派生語や熟語を見て楽しむ。

毎日新聞や雑誌を読み進め、そういう作業を繰り返すうちに文章の長短に関らず自分の好きなコラムや興味のあるお話を見つける事が出来れば、継続して内容まで深く理解をしていく作業に取り掛かる事をお勧めします。

新聞や雑誌はテキストとしての派手さは無いですが、生きて使われている単語や熟語を広い範囲で習得できる宝箱のようなものです。継続すると大きな財産になります。

PCサイトへ